マヤ暦 入門

こんにちは。たかみほです。

この記事はマヤ暦入門ということで、初心者のあなたでも、3分で簡単にわかる!説明をしたいと思います。

「マヤ暦を初めて聞いた」「聞いたことはあるけど、詳しくわからない」という方も心配ご無用です。

それでは、早速行きましょう。

 

マヤ暦とは?

マヤと聞くと、 マヤ文明を思い受かべる人が多いのではないでしょうか。

マヤ文明とは、有名な古代文明の事です。

このマヤ暦は、古代マヤ文明で使われていた暦(カレンダー)のことを指します。

わしさん

マヤ暦とマヤ文明は、つながりがあるんだね。

そして暦という文字通り、カレンダーです。

「今日はこんな運勢だよ~」って教えてくれるんです。

たかみほ

日付を確認するというより、毎日流れているエネルギー(運気)を教えてくれる感じですね。

 

マヤ暦の使い方、2つ

ではマヤ暦がカレンダーと分かったところで、どのような使い方があるのでしょうか。

ここでは、2つの使い方をお伝えしますね。

運勢を知る

まず、先ほど話したように、今日の運勢を知ることができます。

「今日はどんな日?」を知りたいときは、カレンダーとして利用してみましょう。

たかみほ

エネルギーは毎日違っていすので、毎日確認してみて下さいね。

 

人を知る

マヤ暦では、生まれた日のエネルギー=人の性質に当てはめることができます。

たかみほ

生年月日さえわかれば、その人の特徴が分かるのです..!

「私はどんな人?」を知りたいときは、自分の説明書に、

「あの人はどんな人?」を知りたいときは、相手の説明書になります。

2つをまとめると、マヤ暦は運勢と人を知る事ができる、万能ツールなのです。

 

マヤ暦のカレンダーのメリット

マヤ暦のカレンダーを基に生活すると、メリットがあります。

一番大きいのは、心身が整うことです。

自然の28日周期の要素も入っているので過ごしやすいのです。

わしさん

特に女性はマヤのカレンダーを使ってほしいです。

28周期というのは、月経周期やターンオーバーとリンクしますのでね☆

人を知るときのメリット

  • 自分にの特徴(エネルギー)を知る
  • 身近な人の特徴(エネルギー)も知る

先ほども話しましたが、マヤ暦では生まれた日のエネルギー=人の性質」に当てはめることができます。

生年月日さえわかれば、その人の解説書を得たようなものです。

自分や相手を知れば、何を持っていて、何を持っていないか分かります。

過剰・不足が分かるので、人間関係を円滑にすることができるんです。

 

マヤ暦のオススメの使い方

①まずは自分を知ってみる

②毎日のエネルギーを知る/③相手を知る

たかみほ

まずは自分を知ってみるのがお勧めです。

そうすると、自分にあるもの・足りないものが分かります。

それが分かれば、運気や周りの人から不足を補ってもらうことができるのです。

また、自分を知れば、自分を軸に物事を考えられるようにもなりますよ。

日常生活で、意識すること3つ

では、マヤを日常生活に取り入れる上で、意識することはどんなことでしょうか?

「3個だけ」意識してみてください。

①今日はどんな日?を意識すること
わたしのTwitterにて、毎日配信中です。現在お休み中。

②自分に流れている特徴(エネルギー)を知る

③身近な人の特徴(エネルギー)も知る
無料で診断できるサイトもあるので、生年月日から一度調べてみてください。

たったこれだけです。

自分に焦点を合わせ、

カレンダーも意識し、

周りとの補完関係も意識するということです。

思ったより簡単ですよね。

まずは、意識することから始めてみて下さいね☺

自然に即したカレンダーを有効利用して、心も体も健康にご機嫌になりましょう!!

あわせて読みたい記事
>>マヤ暦Q&Aをまとめたページ