マヤ暦の紋章の意味とは?あなたを表すマークのようなものです。

マヤ暦の20種類の紋章

この記事は、マヤ暦の紋章についてです。

初心者さんでもこの記事を見れば大丈夫です。

注意
紋章=刻印と言われることもあります

紋章とはマークみたいなもの

例えばエコマークを例にしましょう。

(画像はお借りしました)

エコマークは「環境保全に役立つと認められた商品につけられる環境ラベル」だそうです。

エコマークについて | エコマーク事務局より引用

エコマークを見たら、何となく環境にやさしそうって思いませんか?

マヤ暦の紋章も同じで、このマークには、~の意味があると定義されています。

紋章(マーク)を見るだけで意味が分かる仕組みとなっています。

 

紋章は毎日のエネルギーや人の特徴を表す

毎日のエネルギー?人の特徴?と思った方はこちらの記事を見てください。

紋章を見るだけで、「今日は★★のエネルギーが流れているんだ」

パーソナルな特徴の場合、「自分が持っているエネルギーは★★なんだ」

と置き換えることができるんです。

ちなみに、毎日のエネルギーは、マヤ人が作ったカレンダーから、

パーソナルな紋章は、生年月日から分かるようになっています。

 

紋章の数は20種類

では紋章について詳しく書いていきます。

↓の画像が、紋章です。全部で20種類あります。

たかみほ

よく見たら可愛いですよね。


(紋章の一部です)

赤い竜
白い繋ぐ世界の橋渡し
青い展望する鷲
黄色い普遍の太陽
などという名前がついています。

 

2つの紋章を組み合わせて使う

紋章を2つセットで使う理由は、人が持っている、潜在意識と顕在意識がゆえんです。

人を1種類の紋章で表すのも難しいですよね。

ですので、潜在意識に1つの紋章、顕在意識に1つの紋章を当てはめています。

毎日のエネルギーも2種類の紋章を使っていますよ。

顕在意識、潜在意識ってなに??と思った方はこちらの記事を読んでください。

 

紋章は難しいものではない

普段あまり聞きなれないけど、意味さえ分かればとても簡単ですよ。

自分の持っている紋章や、気になるあの人の持っている紋章を知りたい方は、無料のサイトで調べてみてください。

では今日はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。