【マヤ暦】類似、反対、神秘、ガイドkinの意味と相関関係について。

マヤ暦の相関関係のように、みんなで関わり合いをもって会議しているアヒルちゃん

マヤ暦では、類似kinや、反対kinなどなど、相関関係が存在します。

これらは、相手の紋章との関係性を表す時に使われています。相性鑑定の時に使う言葉なんですよ。

これらは量が多いので、ごちゃ混ぜになることも多いです。

マヤシンクロ鑑定では、鑑定書の手引きとしてお伝えしているのですが、ブログにもまとめて掲載したいと思います。

相手の紋章との関係性は、主に6つのカテゴリーに分けることができます。

  1. 同じ紋章同士
  2. 【類似kin】自分と考えが似ている
  3. 【反対】自分と立ち位置が似ている
  4. 【神秘】一番惹ひかれあう
  5. 【ガイド】成功も失敗も学ぶ
  6. 関係がない

たかみほ

では、ひとつずつ見ていきましょう。

関係性1:同じ紋章同士

マヤ暦の同じ紋章のように、仲良しで群がるアヒルちゃん

同じ紋章同士は、余計な気遣いをしなくても良い関係です。

感覚がほとんど同じで、考え方も良く似ています。

たかみほ

相手が太陽の紋章かWSのどちらかに自分と同じ紋章を持っていれば、この関係が成り立ちます。

 

2:【類似kin】自分と考えが似ている

自分と考えが似ている人が多いです。さらに、価値観や感覚も似ているとれています。

考えが似ているのは、同じ紋章同士が一番です。その次に似ているのが、類似kinですね。

一緒にいて居心地が良かったり、楽に感じるでしょう。

隣に並んで座ってお話している感覚です。

横並びの感覚なので、反発したり対立関係になりにくいです。

 

3:【反対kin】自分と反対の立ち位置

マヤ暦の反対kinのように、価値観が割と合わないアヒルちゃん

反対kinはいわば背中合わせの関係です。相手の姿が見えない状態です。

さらにお互い見いている景色が異なるため、価値観が全く違います。

この場合は、理解不能な関係になるか、学びあう関係になるかどちらかです。

反対kinであるからこそ、反発するのか、逆に受け入れるのか分かれます。

 

4:【神秘kin】一番惹かれあう関係

神秘kinは、向かい合っている状態です。

そのため一番刺激を受けやすいです。目の前にいるため、嫌でも目に入ってくるのです。

仲いい時はすこぶる仲がいいけれど、ケンカをしたら大げんかとなります。

適度な距離感と言うか、お互いの思いやりが大事になってきます。

ぶたさん

殴り合いになったら、怖いね。

 

5:【ガイドkin】成功も失敗も学ぶ

ガイドは、文字通り道案内をしてくれる関係です。

人生において行く道を示し、助けてくれる人です。

また、才能を開花させてくれる人でもあります。

ガイドkinから学ぶことは多いです、それは失敗も成功も先に経験しているからなんです。

ぶたさん

ってことは、ガイドkin見つけたら最高やね☺

 

6:相関関係なし

 

たかみほ

実は、私と夫を鑑定したら、相関関係なしでした。

それでも結婚生活送っていますし、大丈夫です…!

実は、相関関係なしというのは結構あります。

これは、関係性が薄い、縁が薄いと言われることが多いです。

関係性が薄いから、共通項も少ない傾向にあります。

この関係性の場合、すれ違うことも多くなってしまいます。

ただ、関係性は生年月日から割り出されるので、変えられませんが、共通項は増やせます。

関係性が薄いからと言ってあきらめず、共通点を増やすと良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

気になるお相手、旦那さん、お子さんなど関係性を見ると面白そうですね。

マヤ暦の無料サイトで、相関関係を教えてもらえます。

ぜひ一度調べてみてくださいね。