【kin12】を持つ人の特徴とは?

マヤ暦のkin12を表す黄色い自由の人と赤い創始の龍の画像

この記事は、kin12の人の特徴についてまとめた記事です。

この記事の最後に、開運のポイントが書かれています。

ぜひ実践してみてください…!

【kinナンバー12

・宇宙の気神(太陽の紋章):黄色い自由の人

・ウェイブスペル:赤い創始の龍

・音響:12

・チャクラ:2系1

【kin12の人まとめ】

・自分の思い通りに生きたい、こだわりが強い人

・一方で道理や伝統を重んじる傾向もある

・組織の中で協力関係を築くこともできる

・負けず嫌いでプライドが高め

・一つの事を極めることができる

・無意識に人を感化する力を持っている

kin12の宇宙の気神(太陽の紋章)は黄色い自由の人

黄色い自由の人を持つ人は、自分の思い通りに生きたい、こだわりが強いの人です。

自由に生きたいという願望があり、自分軸で生きようとします。

ただ、古くからの道理や歴史を重んじる古風なところも。

歴史も重視しつつ、自由な意思で新しい風を吹かせてみてください。

また、負けず嫌いの性格を持っていますが、人と比べるというよりは、過去の自分と比べた方が良いでしょう。

たくさんの気づきを得られて、感性が磨かれそうです☺

 

kin12のウェイブスペルは赤い創始の龍

ウェイブスペルは赤い創始の龍を持っています。

赤い創始の龍は、紋章の20種類の1番初めの紋章です。

そのため何かを始めるのが得意です。ゼロイチが得意で、統率力があります。

生まれたての赤ちゃんのような無邪気さがあり、同じ生命に触れると共鳴し、エネルギーがアップします。

 

kin12銀河の音響は、音響12

音響12の人は、人とのかかわりをしっかり持って生活できる人です。

集団の中で溶け込むことができるので、人間関係に悩むことは少なめでしょう。

さらに面倒見が良いので、人も集まってきそうです。

自分に余裕があれば、人の話を積極的に聞きましょう。

 

チャクラは、21

黄色い自由の人は、チャクラ2系です。人との潤滑油になれる人です。

黄色い自由の人は協力関係を築く精神が大事でしょう。

自由な性格を持っているので、べたべたした付き合いは重くなってしまうかも。

赤い創始の龍は、チャクラ1系です。人と会ってエネルギーがチャージできる人です。

母性が強いことを生かして、人の面倒をみながらコミュニケーションを心がけてください。

 

縁のあるkinナンバー

鏡kin(鏡の向こうkin)kin249
自分の潜在的な性格を引き出してくれる相手

開運の目印kin(絶対反対kin)kin142
出会えたら開運になれる目印の相手

 

たかみほ的考察

kin12の人は、自由で思いのままに生きたい人でありながら、常識も重んじる人です。

自由に生きたいながらも、どこか振り切れない部分も。

ただ、歴史や常識を重んじることで、組織の中でも活躍できるんです。

他人との協力関係もしっかり築けるので、あまり縛られない程度に交流を持ちましょう。

また、負けず嫌いな性格ですが、人と比べては協力関係を築きにくいもの。

過去の自分をライバルとして、定めましょう。

 

開運ポイント

kin12の人は、一つの事を極めることを意識してください。

負けず嫌いな性格を生かして、一つの事に取り組めば成果が上がります。

さらに、自分の得意分野や好きな分野を極めると、精神的にも満たされそう。

イキイキしているあなたを見て、周りも感化されること間違いなしです。

では今日はここまで。

それではまた。