【kin129】を持つ人の特徴とは?

マヤ暦のkin129を表す赤い清めの月と白い決断の鏡

この記事は、kin129の人の特徴についてまとめた記事です。

記事の最後に、開運のポイントが書かれています。

ぜひ実践してみてください…!

【kinナンバー129

・宇宙の気神(太陽の紋章):赤い清めの月

・ウェイブスペル:白い決断の鏡

・音響:12

・チャクラ:4系3系

【kin129人まとめ

・見た目と中身のギャップがある

・見た目は温和なので、好感度が高い

・中身は激し目で、エンジンがかかると一直線

・使命感を持つと、人生が豊かになる

・納得するまでやり遂げる性格

・こだわりや自分の信念が強い

・一つの物に依存する傾向も

 

kin129の宇宙の気神(太陽の紋章)は、赤い清めの月

赤い清めの月の人は、芯を持った改革者です。

自分の中に軸があり、一本筋が通ったような人でしょう。

行動を起すまでに時間はかかりますが、エンジンがかかればだれも止めることはできません。

今までの流れや、やり方さえも変えていけるでしょう。

改革には痛みが伴いますが、今よりさらに良くなるために必要なことと捉えましょう。

 

 

kin129のWSは、白い決断の鏡

白い決断の鏡を持つ人は、誠実であり、何事も一生懸命に取り組む人です。

真面目なので不正をすることや、不誠実なことが苦手です。

性格に裏表がないため、信頼も得やすいです。

何事にも真摯に対応すると、さらに信頼度が上がるでしょう。

 

kin129の銀河の音響は、音響12

音響12の人は、人間関係の構築がうまく、コミュニケーション上手な人です。

集団や組織の中では、調整役として活躍できそうです。

相談役や聞き役になる事で、みんなが快適に過ごせることが多いからです。

実は陰ので力を持つ、副リーダータイプを目指すのが良いでしょう。

自分のコミュ力をうまく活用してみてください☺

 

kin129のチャクラは、4系、3系

赤い清めの月は、チャクラ4系です。

チャクラ4系は、繁栄や発展の役割を担います。

使命感やミッションを持つことが、ガソリンになります。

逆に言うと使命感さえ持つことができれば、勝手に走り出します。

人生をかけて、探し続けましょう。

白い決断の鏡は、チャクラ3系を持っています。

財運に恵まれており、適切な使い方をする役割を担っています。

白い鏡は商売が得意です。

自分の事業を成功させるために、学び投資してみても良いでしょう。

 

縁のあるkinナンバー

鏡kin(鏡の向こうkin)kin132
自分の潜在的な性格を引き出してくれる相手

開運の目印kin(絶対反対kin)kin259
出会えたら開運になれる目印の相手

 

kin129の性格について

kin129の人は、見ため目と中身のギャップがある人と言えるでしょう。

見た目は温和なので、好感度が高く人付き合いも上手です。

ただ中身は結構オラオラ系で、エンジンがかかると一直線に進みます。

ガッツがある人なのです。

一生をかけて取り組んだり、使命を持てるようなことに出会うと、人生が激変します。

最大限の能力が発揮できて、あなた自身も充実感を得られるでしょう。

自分のやりたいことは何か?を探してみてくださいね。

 

kin129の開運ポイント

kin129の人の開運ポイントは、依存体質にならない事です。

元々芯が強いので、好き嫌いがはっきりしている性格です。

そのため、一つのものや考え方に依存しやすい傾向があります。

依存すると見識も広がらなくなってしまうので、柔軟性を意識してみてください。

では今日はここまで。

【kin129】を持つ人の特徴とは?という記事を書きました。

参考にしてみてください。それではまた。