【kin13】を持つ人の特徴とは?

マヤ暦のkin13を表す赤い空歩く人と赤い龍の画像

この記事は、kin13の人の特徴についてまとめた記事です。

この記事の最後に、開運のポイントが書かれています。

ぜひ実践してみてください…!

【kinナンバー13

・太陽の紋章:赤い大義の空歩く人

・ウェイブスペル:赤い創始の龍

・音響:13

チャクラ:3系1

【kin13の人まとめ】

・人柄がよく、みんなから好かれる人

・人をまとめたり、教育する能力がある人格者

・一方で負けず嫌いな側面がある人

・経験や体験に重きを置く、現実主義者でもある人

・教育関係に向いていて、最高の指導者になれる人

・男女とも物腰が柔らかい人が多い

kin13の太陽の紋章は赤い大義の空歩く人

赤い大義の空歩く人を持つ人は、世のため、人のためを常に考えていて、社会貢献に思いが向きます。

近江商人の「三方良し」のスタイルが合う人と言えるでしょう。

また、人の成長に立ち会うことや人の才能を伸ばすことが大好きです。

指導者、教育者に必要な能力を持っています☺

社会貢献への高い意識と、人格者であるため教育者に向いています。

 

kin13のウェイブスペルは赤い創始の龍

ウェイブスペルは赤い創始の龍を持っています。

赤い創始の龍は、紋章の20種類の1番初めの紋章です。

そのため何かを始めるのが得意です。ゼロイチが得意で、統率力があります。

生まれたての赤ちゃんのような無邪気さがあり、同じ生命に触れると共鳴し、エネルギーがアップします。

 

kin13銀河の音響は、音響13

音響13の人は、まとめ役、仕上げ役の人が多いでしょう。

というのも、13の音響の中で、最後を担うからです。

さらに、また音響1に戻るためのリスタートを担う存在でもあります。

まとめ役と、スターターの両面を持ち合わせて器用な人ともいえるでしょう。

また、13という数字はマヤ暦では特別な数字で、パワーを持っているとされていますよ。

 

チャクラは、31

赤い大義の空歩く人は、チャクラ3系です。チャクラ3系の人は、財運に恵まれているため、お金では苦労しにくいでしょう。

ご自分のスローガンである、「世のため、人のため」にお金を使うと、循環してきますよ。

赤い創始の龍は、チャクラ1系です。人と会ってエネルギーがチャージできる人です。

母性が強いことを生かして、人の面倒をみながらコミュニケーションを心がけてください。

 

縁のあるkinナンバー

鏡の向こうkin:kin248
自分の潜在的な性格を引き出してくれる相手

絶対反対kin:kin143
出会えたら開運になれる目印の相手

たかみほ的考察

kin13の人は、世のため・人のために尽くす人です。

特に人を育てる力や、才能を呼ばす力をを持っています。

「世の中の役に立つ人を育てる」というような人材教育に取り組むことが多いです。

人材教育といっても、あまり考える必要はありません。

あなたが経験、体験したことを伝えることが人を育てる源になりそうです。

 

開運ポイント

kin13の人は、人から好かれることを目指すこと&社会貢献活動をすることです。

教育者として能力があるので、人から好かれたり、尊敬されることを意識してみてください。

自分勝手な行動はできるだけ控えて、頼れる戦線位となりましょう☺

また、時にはボランティアなどに参加し、社会貢献意識を忘れないようしてみてください。

では今日はここまで。

それではまた。