【kin21】を持つ人の特徴とは?

マヤ暦のkin21を表す赤い龍と白い魔法使いの画像

この記事は、kin21の人の特徴についてまとめた記事です。

この記事の最後に、開運のポイントが書かれています。

ぜひ実践してみてください…!

【kinナンバー21

・太陽の紋章:赤い創始の龍

・ウェイブスペル:白い許しの魔法使い

・音響:8

・チャクラ:1系4系

【kin21の人まとめ】

・エネルギーにあふれ、活動的

・面倒見が良い、お母さんのような存在

・助言が過ぎるとお節介になるので、フォローする意識を

・相手を受け入れる包容力も大事

・生命を大事にする慈愛あふれる人

・師匠を見つけると、進む道が明確化される

kin21の太陽の紋章は、赤い創始の龍

赤い創始の龍を持つ人は、活動的なエネルギーを持っている人で、行動派の人です。

20の紋章の1番初めですので、生まれたての純粋無垢な性格を持っています。

良くも悪くも、汚れを知らいない、自分の思うままに行動する紋章です。

さらに、生命の力が強く、命に触れるとさらに活発化します。

面倒見が良い性格なので、みんなのまとめ役を担うことも。

 

kin21のWSは、白い許しの魔法使い

白い許しの魔法使いを持つ人は、物事を真面目に考える人です。

そのため、物事をはっきり言ったり、不真面目な人が苦手だったりなど、好き嫌いもはっきりしています。

ただ、魔法使いのように、人々を魅了する力も持っています。

時々天然なところもあり、一緒にいて飽きない人だと言えるでしょう。

またフットワークが軽く、行動派です。

段階を踏んで、順序良く進めたい気持ちが強いですが、時には計画通りいかない事も理解しましょう☺

ぎちぎちに固めてしまうと、苦しくなってしまいますよ。

 

kin21銀河の音響は、音響8

音響8の人は、調和とバランスを心がける、協調性のある人です。

面倒見がよく、世話好きなタイプです。

ただ、面倒見がよすぎるあまり、お節介になることもしばしば。

相手に助言するという立場ではなく、下から支えるフォローを意識しましょう。

相手との協力関係が、気持ちよく結べそうです。

 

チャクラは、1系、4

赤い創始の龍は、チャクラ1系を持っています。人と会うことでエネルギーの補完ができます。

人とのコミュニケーションがあること(命に触れること)で、自分も活性化します。

また、母性を生かして、人に協力することで開運となります。

白い許しの魔法使いは、チャクラ4系を持っています。繁栄や発展の役割を担い、物事を広げるのが得意だったりします。

白い許しの魔法使いの行動力を存分に生かしてほしいのですが、疑うことは禁物と考えてください。

信じることが、自分のパワーとなり良い結果を生むでしょう。

 

縁のあるkinナンバー

鏡の向こうkin:kin240
自分の潜在的な性格を引き出してくれる相手

絶対反対kin:kin151(黒kin
出会えたら開運になれる目印の相手

たかみほ的考察

kin21人は、エネルギー溢れる、活動家です。

20の紋章の初めなので、生命のエネルギーが強いでしょう。

そのため、同じ命に触れた時に、共鳴を起こし、ご自分のエネルギーも活発化します。

人とのコミュニケーションや、自然に触れるとエネルギーチャージできるでしょう☺

一方で面倒見が良いなど、母親のような素質も持ち合わせています。

面倒なことも引き受けることができ、持ち前の活力で乗り切ります。

ただ、周りに同じことを求めては調和が崩れてしまいます。

相手のできない所も、しっかり受け入れ「自分がフォローに回る」というスタンスを持っていください。

相手も、安心して関係を築いてくれるでしょう。

 

開運ポイント

kin21の人は、師匠を見けるのが開運ポイントです。

赤い創始の龍の紋章を持っておられるのですが、20の紋章の中で初めの紋章です。

そのため、自分の前に人がおらず、お手本が存在しません。

自分から積極的に師匠を見つけることをおすすめします。

師匠選びのポイントは、品格があるかどうかです。

格調高く、格式ばったものが似合うので、「その道のプロ」を師匠にすると良いです。

では今日はここまで。

それではまた。