【kin213】を持つ人の特徴とは?

マヤ暦のkin213の赤い空歩く人と赤い月

この記事は、kin213の人の特徴についてまとめた記事です。

記事の最後に、開運のポイントが書かれています。

ぜひ実践してみてください…!

【kinナンバー213

・宇宙の気神(太陽の紋章):赤い大義の空歩く人

・ウェイブスペル:赤い清めの月

・音響:5

・チャクラ:3系4系

【kin213人まとめ

・人格者であるため、指導者になれる

・経験や体験を大事にする

・面倒見が良い、兄貴肌、姉御肌

・普段はのんびり屋さん

・スイッチが入ると、本腰を入れる

・やるべき事をきめると、前進しやすい

 

kin213の宇宙の気神(太陽の紋章)は、赤い大義の空歩く人

赤い大義の空歩く人を持つ人は、人を指導することができる、人格者です。

また行動力が高いので、たくさんの経験値を積みます。

その経験が、人を教える際に生かされてきそうです。

どんどん人に教えたり、先導してみて下さい。

また、ボランティア活動や、社会貢献にも興味があります。

何か取り組むときは、社会に対しての影響を与えることができるか?を意識すると良いでしょう☺

 

kin213のWSは、赤い清めの月

赤い清めの月の人は、自分の信じるものが見つかれば、本気でぶつかる人です。

自分がやりたいと思ったことには、とことん向き合うのです。

そして、現状よりもよりよく改善していこうとします。

改革者にもなれる人です。

組織の中にいると、新しい風を吹かせる人でしょう。

 

kin213の銀河の音響は、音響5

音響5の人は、目標が決まれば、途端にエンジンが入り加速する人です。

特に外部からの〆切があれば、やる気スイッチもオンになります。

周りをうまく使いながら、自分のやる気をコントロールしてみて下さい。

 

kin213のチャクラは、3系、4系

赤い大義の空歩く人は、チャクラ3系です。

なぜか財運に恵まれている傾向があります。お金では苦労しにくいでしょう。

特に赤空の人のスローガンである、「世のため、人のため」にお金を使うと、心も満たされそうです。

赤い清めの月は、チャクラ4系です。

チャクラ4系は、繁栄や発展の役割を担います。

使命やミッションを持つことが、機動力になりそうです。

使命感さえ持つことができれば、勝手に走り出すことができるのです。

人生をかけて、ミッションを探してみて。

 

縁のあるkinナンバー

鏡の向こうkinkin48
自分の潜在的な性格を引き出してくれる相手

開運の目印kinkin83
出会えたら開運になれる目印の相手

 

kin213の性格について

kin213の人は、人格者であるため、指導者になれる器の人です。

経験や体験を大事にするので、人よりも経験値が高いでしょう。

人生経験豊富なので、面倒見が良い、兄貴肌、姉御肌です。

普段はのんびり屋さんですが、スイッチが入ると、本腰を入れます。

やるべき事をきめると、前進しやすいので、具体的な目標を決めましょう☺

 

kin213の開運ポイント

kin213の人の開運ポイントは、周りからの圧力に負けない事です。

普段はおっとりしているので、周りの意見に押されてしまうこともあります。

ここぞという時は、自分の意見を主張してみて下さいね。

【kin213】を持つ人の特徴とは?という記事を書きました。

参考にしてみてください。それではまた。