【kin229】を持つ人の特徴とは?

マヤ暦のkin229で赤い月と白い風を表す画像

この記事は、kin229の人の特徴についてまとめた記事です。

記事の最後に、開運のポイントが書かれています。

ぜひ実践してみてください…!

【kinナンバー229

・宇宙の気神(太陽の紋章):赤い清めの月

・ウェイブスペル:白い伝道師の風

・音響:8

・チャクラ:4系2系

【kin229人まとめ

・人付き合いが上手で、調和を重んじる

・つながりを大事にする

・オンオフの差が激しい

・スイッチが入ったら一直線

 

kin229の宇宙の気神(太陽の紋章)は、赤い清めの月

赤い清めの月の人は、自分の信じるものが見つかれば、本気でぶつかる人です。

自分がやりたいと思ったことには、とことん向き合うのです。

そして、現状よりもよりよく改善していこうとします。

改革者にもなれる人です。

組織の中にいると、新しい風を吹かせる人でしょう。

 

kin229のWSは、白い伝道師の風

白い伝道師の風を持つ人は、繊細でガラスのハートの持ち主です。

全ての物事にやさしいので、傷つきやすいでしょう。

ただ、人当たりがよかったり、愛想がよいの良さを持っています。

コミュニ力が高いと言えるでしょう。

万が一のことがあれば、あなたのまわりが助けてくれそうです☺

信頼関係を大事にしてみてください。

 

kin229の銀河の音響は、音響8

音響8の人は、調整役になれる人です。

細かいところまで気が付くので、みんなのフォローも欠かしません。

あなたがいる環境では、もめ事も少ないでしょう。

人間関係がうまく行ってると、人生の充実感が増してきそうですので、しっかり調整してみて。

 

kin229のチャクラは、4系、2系

赤い清めの月は、チャクラ4系です。

チャクラ4系は、繁栄や発展の役割を担います。

使命やミッションを持つことが、機動力になりそうです。

使命感さえ持つことができれば、勝手に走り出すことができるのです。

人生をかけて、ミッションを探してみて。

白い伝道師の風は、チャクラ2系を持っています。人と人との潤滑油になれる人です。

おしゃべりな性格のため、人とのコミュニケーションが得意です。

ただ神経質な部分や、繊細な性格のため傷つきやすいです。

 

縁のあるkinナンバー

鏡kin(鏡の向こうkin)kin32
自分の潜在的な性格を引き出してくれる相手

開運の目印kin(絶対反対kin)kin99
出会えたら開運になれる目印の相手

 

kin229の性格について

kin229のは、人付き合いが上手で、調和を重んじる人です。

コミュニケーション能力にも優れています。

つながりを大事にするので、友達も多いでしょう。

ただ、スイッチが入ったら一直線に進む傾向も。

オンオフの差が激しいとも言えます。

いきなり友達関係が疎遠になることもありますが、熱中する時期と考えましょう。

 

kin229の開運ポイント

kin229の人の開運ポイントは、人(生命)を関わることです。

人を始め、命に触れると自分の魂を揺さぶられます。

今よりも、エネルギーが活発になるはずです。

人との交流を大事にしたり、自然や生き物に触れてみて下さいね☺

では今日はここまで。

【kin229】を持つ人の特徴とは?という記事を書きました。

参考にしてみてください。それではまた。