【kin37】を持つ人の特徴とは?

マヤ暦のkin37を表す赤い地球と青い手の画像

この記事は、kin37の人の特徴についてまとめた記事です。

この記事の最後に、開運のポイントが書かれています。

ぜひ実践してみてください…!

【kinナンバー37

・太陽の紋章:赤い絆の地球

・ウェイブスペル:青い癒しの手

・音響:11

・チャクラ:1系2系

【kin37の人まとめ

・ 強いエネルギーを持った、バイタリティ溢れるkin

・ 適応能力があり人に溶け込んでいける才能がある

・ 一方で、寂しがり屋なナイーブな一面も持つ

・ 精神と肉体が繋がりやすい

・ 人と人との絆を大事にする

・ 開き直りが開運アクション

kin37の太陽の紋章は、赤い絆の地球

赤い絆の地球を持つ人は、人と人との繋がりを大切にして交流を持とうとします。

絆を結んだ人に対しては、簡単に関係が切れたりしません。

20の紋章の中で 一番人を裏切らない紋章です。

ただ、人との親密な交流を求めるということは、寂しがりでもあります。

一人ではめげやすい所もありますので、心の通った理解者や協力者を見つけましょう。

また赤い絆の地球の人はリズムや音響楽と調和しやすいので、 自分のリズム・ペースも大事にして下さい。

 

kin37のWSは青い癒しの手

青い癒しの手の人は、面倒なことや地味なことをやりきる力を持っています。

最後まであきらめないため、他の人が経験したことのないようにな経験値も得られます。

時には、自分のキャパオーバーになってしまうこともあります。

手を休めて、休憩することも忘れないでください。

気分転換は、自分のパフォーマンスを上げてくれますよ。

 

kin37の銀河の音響は、音響11

音響11の人は、 強いエネルギーを持っている人です。

独自性が強く人、真似を嫌うところがあります。

何でも自分でやってみたい性格で、強いエネルギー連れて行動を起します。

ただ、あまりに独創的過ぎた時に周りから理解されない事もしばしば。

そんな時は開き直って、自分のオリジナル性を出してみましょう。

我が道を進んでください☺

あなたの強いエネルギーを溜め込むと、葛藤が生じるので外に向けて発散するのも大事なのです。

 

チャクラは、2系

赤い絆の地球は、チャクラ2系を持っています。人との潤滑油になれます。

絆を生かして、集団や組織の中で役立てることでしょう。

青い癒しの手は、チャクラ2系です。人の潤滑油になれる存在です。

青い癒しの手の人は、自分から尽くすことにより、相手の懐に入っていけそうです。

まずは自分から与える精神を大事にしてください。

縁のあるkinナンバー

鏡の向こうkin:kin224
自分の潜在的な性格を引き出してくれる相手

開運の目印kin:kin167
出会えたら開運になれる目印の相手

kin37の性格について

kin37の人は、 強いエネルギーを持ち 独創性と調和性を持っています。

適応能力があり、人に溶け込めるので、ある程度まで人に合わせることができます。

ただ、葛藤がたまりやすいですので、突然爆発なんてことも考えられます。

周りから自分を理解してもらえなければ、開き直ってみることも良いでしょう。

爆発ではなく、自分の道を進むために開き直ってください。

また心の絆を大事にするあなたですが、「自分が深く関わりたい相手はどんな人か?」をしっかり考えるようにしてください。

誰にでも心を開いて絆を持つのではなく、人間関係の深さも重視してくださいね。

 

kin37の開運ポイント

kin37の人は、 開き直りとタイミングをとることです。

開き直ることで、自分らしさを出すことができます。

ただ開き直るタイミングが大事になってくるでしょう。

人との協調も大事にするあなたですので、なるべく調和が崩れないようなタイミングを選ぶのが良いです。

絆がしっかり結べている相手なら、タイミング気にせず 自分の道を進んでみても良いかもしれませんね。

では今日はここまで。

それではまた。