【kin38】を持つ人の特徴とは?

マヤ暦のkin38を表す白い鏡と青い手の画像

この記事は、kin38の人の特徴についてまとめた記事です。

この記事の最後に、開運のポイントが書かれています。

ぜひ実践してみてください…!

【kinナンバー38

・太陽の紋章:白い決断の鏡

・ウェイブスペル:青い癒しの手

・音響:12

・チャクラ:3系2系

【kin38の人まとめ

・ 絶対拡張kinの持ち主

・ 世の中に物事を広めるパワーを持っている

・ 一見さっぱりしているようで、実は優しい

・ 良き相談相手・理解者になってくれる

・ 物事や問題の処理能力が高い

・ 開運には覚悟を決めて手放すことが必要

kin38の太陽の紋章は、白い決断の鏡

白い決断の鏡を持つ人は、 自立心持ち頼りになる性格でしょう。

ただ、鏡に映っていること、つまり目に見えている現実しか見ない傾向があります。

時に現実主義であるために、冷たく思われることもあるかもしれません。

しかし内面には、溢れる優しさを持っていますので、アピールしてみても良いでしょう。

また損切りが得意なので、ビジネスの世界では 成功しやすいです。

20の紋章の中でも 成功者の多い紋章といわといわれています。

 

kin38のWSは青い癒しの手

青い癒しの手の人は、面倒なことや地味なことをやりきる力を持っています。

最後まであきらめないため、他の人が経験したことのないようにな経験値も得られます。

時には、自分のキャパオーバーになってしまうこともあります。

手を休めて、休憩することも忘れないでください。

気分転換は、自分のパフォーマンスを上げてくれますよ。

 

kin38の銀河の音響は、音響12

音響12の人は、 単独行動よりも集団行動が上手です。

集団で問題が起こったとしても、適切に処理できる能力を持っているからです。

そのため、聞き役や処理係解決役の役目を担うことが多いでしょう。

ただ注意して欲しいのが、自分の相談をするのは苦手な面があることです。

人の相談にのるのは得意ですが、自分のことなると腰が重くなります。

この場合、自分の本音を話せる友人や 人生の師匠などが必要です。

積極的に探してみましょう。

 

チャクラは、3系と2系

白い決断の鏡は、チャクラ3系を持っています。

財運に恵まれており、適切な使い方をする役割を担っています。

白い決断の鏡の人は、感謝の気持ちを伝えるためにお金を使ってください。

礼儀や礼節を守るためにお金を使うのがおすすめです。

青い癒しの手は、チャクラ2系です。人の潤滑油になれる存在です。

青い癒しの手の人は、自分から尽くすことにより、相手の懐に入っていけそうです。

まずは自分から与える精神を大事にしてください。

 

縁のあるkinナンバー

鏡の向こうkin:kin223
自分の潜在的な性格を引き出してくれる相手

開運の目印kin:kin168
出会えたら開運になれる目印の相手

kin38の性格について

kin38の人は、 絶対拡張器を持っていて、世の中に物事を広めていく人です。

物事を発展させ、伝播する能力があるのです。

自分の広めたいことを、思う存分取り組みましょう。拡大させましょう。

その時に 必要なことは「不要なものを捨てること」です。

自分のパワーを最大限発揮できるように、身軽でいることが大事です。

また処理能力に長けているので、課題を先送りしないこともポイントです。

今ここを意識して全力で 向かってみましょう。

kin38の開運ポイント

kin38の人の開運ポイントは、良き理解者を見つけることです。

一見能力が高いので、周りからは一人でもやっていけそうと思われているかも。

ただ、あなたは問題を抱えやすい性格を持っています。

苦しくなったら、周りにサポートを求めてくださいね。

あなたを理解し、相談に乗ってくれる人が現れそうです。

自分の速度を落とさないためにも 周りと協力するのがポイントですよ。

では今日はここまで。

それではまた。