【kin39】特徴や有名人とは?|青嵐・青手・音13

マヤ暦のkin39で青い嵐と青い手を表す画像

この記事は、kin39の人の特徴についてまとめた記事です。

この記事の最後に、開運のポイントが書かれています。

ぜひ実践してみてください…!

【kinナンバー39

・宇宙の気神(太陽の紋章):青い変容する嵐

・ウェイブスペル:青い癒しの手

・音響:13

・チャクラ:4系2系

【kin39の人まとめ

・割と波乱万丈な人生を送る

・激しい人のため、トラブルメーカーになりやすいことも

・仕事に対する思いが強い

・人間関係は狭く深くを好む

・器用なため料理の才能がある

kin39の宇宙の気神(太陽の紋章)は、青い変容する嵐

青い変容する嵐を持つ人は、人を巻き込む力が強く思い込んだら嵐のような人です。

いつも活力がありパワフルな人でしょう。

ただ、周囲と調和できなかった場合、浮いてしまうこともあります。

この時は、自分の理解者はきっといる!と信じて、人間関係を見直すのも良いでしょう。

また、青い変容する嵐は、料理の達人にも多い紋章です。

料理や台所と縁がありますので、気分転換も兼ねて料理を作ってみてください。

 

kin39のWSは青い癒しの手

青い癒しの手の人は、とにかく手を動かすことが得意です。

特にその手は癒しのパワーを持っています。

これは人に対してや自分に対して、能力を発揮します。

自分の手にエネルギーがあることを知り、日々エネルギーを高めてください。

手の保湿をしっかりしたり、休息させてあげてくださいね。

 

kin39の銀河の音響は、音響13

音響13の人は、器用な人が多く、リーダー気質を持っています。

というのも、13の音響の中で、最後のナンバーだからです。

さらに、また音響1(はじめ)に戻るためのリスタートを担う存在でもあります。

まとめ役と、スターターの両面を持ち合わせていてリーダーにピッタリ。

能力をたくさん持ち、器用な人ともいえます。

また、13という数字はマヤ暦では特別な数字で、パワーを持っているとされていますよ。

ぜひ、この神秘の数字を大事にしてくださいね。

数字の「13」に隠されたメッセージとは?

 

チャクラは、4系と2系

青い変容する嵐は、チャクラ4系を持っています。繁栄や発展の役割を担い、物事を広げるのが得意だったりします。

青い変容する嵐は、のめり込むことで人巻き込みます。

人を巻き込むことで成果を出すことができるのです。

決して一人で何か成し遂げようとしないで、周囲との協力関係を持ちましょう☺

青い癒しの手は、チャクラ2系です。人の潤滑油になれる存在です。

青い癒しの手の人は、自分から尽くすことにより、相手の懐に入っていけそうです。

まずは自分から与える精神を大事にしてください。

 

縁のあるkinナンバー

鏡kin(鏡の向こうkin)kin222黒kin
自分の潜在的な性格を引き出してくれる相手

開運の目印kin(絶対反対kin)kin169
出会えたら開運になれる目印の相手

 

kin39の性格について

kin39の人は、 優しさや癒しを持った、激しい人です。

個人的には、青嵐と青手の性質は割と逆だなと思っています。

外から見たら、自己主張が強く我が道を行くタイプかもしれません。

ただ、中身はピュアで純粋な気がします。

ただ時々空回りしてしまうこともあるかもしれません。

ただそれは周囲がついてこれていない事も。

環境によっては、あなたのエネルギッシュッさという資質を生かしていくこともできますよ。

仕事に対しては、情熱ややる気が強い人です。

キャリアアップを目指すのも良いですね☺

 

kin39の開運ポイント

kin39の人の開運ポイントは、手を動かすことと休息をとることです。

とても活力に満ち溢れたあなたですが、エネルギーの使い方を間違えるともったいないです。

有効的に使うことを意識しましょう。

特に、意識して欲しいのは、コツコツと実績を積み重ねることです。

行動する(手や足を使う)ことを意識してみましょう。

地に足をつけることが大事ですよ☺

またついついエンジン全開で駆け抜けてしまうので、適度な休憩をしてください。

あなた自身ことを癒してくださいね。

では今日はここまで。

それではまた。