【kin42】を持つ人の特徴とは?

マヤ暦のkin42を表す白い風と黄色い太陽の画像

この記事は、kin42の人の特徴についてまとめた記事です。

この記事の最後に、開運のポイントが書かれています。

ぜひ実践してみてください…!

【kinナンバー42

・太陽の紋章:白い伝道師の風

・ウェイブスペル:黄色い普遍の太陽

・音響:3

・チャクラ:2系0系

【kin42の人まとめ

・伝える役割を持って生まれたkin

・スピリチュアルに興味がある

・会話でコミュニケーションを図るのが吉

・繊細さを持った性格

・集団の中で調整の役となる

・奉仕の心を持っているので、社会に還元するとよい

・枠を超えることが、開運アクション

kin42の太陽の紋章は、白い伝道師の風

白い伝道師の風を持つ人は、風のように身軽でありながら、繊細な心を持つ人です。

メッセンジャーとしての性格を持っていて、それこそ風の噂が大好きです。

人に物事を伝えたり、おしゃべりが大好きです。

感性が豊かな人も多く、芸術に縁がある場合が多いでしょう。

自分の感性を高めることが、エネルギーの向上にもつながります。

 

kin42のウェブスペルは、黄色い普遍の太陽

黄色い普遍の太陽を持つ人は、成熟した考えを持っている、責任感の強い人です。

20の紋章の20番目なので、頼れる大人という感じです。

ただ、その大人の中にも明るく天真爛漫さがあります。

これが、黄色い普遍の太陽がみんなから愛される要因なのです。

この良く言えば人たらしなとくせいが、経済的・物質的に恵まれやすさを引き寄せるのです。

 

kin42の銀河の音響は、音響3

音響3の人は、人と人との懸け橋になる、つなぐ役割を持っています。

行き違いを修正したり、異なる意見の人を束ねる能力があります。

根気強く、面倒見が良いと言えるでしょう。

 

チャクラは、2系と0系

白い伝道師の風は、チャクラ2系を持っています。人と人との潤滑油になれる人です。

白い伝道師の風は共感者がいると、自信を持って人と接することができます。

心から感謝を求めているので、共感者の存在は不可欠です。

黄色い普遍の太陽は、チャクラ0系を持っています。直観が鋭く、感受性も豊かです。

ただ、責任感が強いあまり自分の意思を通そうとするところもあります。

他人の意見も取り入れてみると、周囲との関係も上手く回るでしょう。

 

縁のあるkinナンバー

鏡の向こうkin:kin219
自分の潜在的な性格を引き出してくれる相手

絶対反対kin:kin172
出会えたら開運になれる目印の相手

 

kin42の性格について

kin42人は、人とコミュニケーションが得意で、奉仕の心をもった人です。

人と人とのつなぎ役になることもできます。

さらに、奉仕の心が強く、人のために頑張れる人です。

活発なコミュニケーション能力を生かして、周りとの交流を図りましょう☺

 

kin42の開運ポイント

kin42の人の開運ポイントは、枠を外すことです。

白い伝道師の風は、風のように自由に行き来できる方が伸び伸びできます。

逆に閉鎖的な環境でいると、自分のモチベーションが下がったり、意志がなくなってしまいます。

自分はどこでも行けるのだ…!人の役に立てるのだ…!と自信を持って行動してみてください。

では今日はここまで。

それではまた。