【kin46】を持つ人の特徴とは?

マヤ暦のkin46を表す白い世界の橋渡しと黄色い太陽の画像

この記事は、kin46の人の特徴についてまとめた記事です。

この記事の最後に、開運のポイントが書かれています。

ぜひ実践してみてください…!

【kinナンバー46

・太陽の紋章:白い繋ぐ世界の橋渡し

・ウェイブスペル:黄色い普遍の太陽

・音響:7

・チャクラ:1系0系

【kin46の人まとめ

・人との交流を楽しむ

・人と人、あの世とこの世などつなぐ役割もある

・悩み事や相談をあまりせず、自己完結できる人

・負けず嫌いで頑固な一面も

・自分の可能性を信じるのが吉

kin26の太陽の紋章は白い繋ぐ世界の橋渡し

白い繋ぐ世界の橋渡しは、文字通り橋渡しの役割を担います。

あなたが繋げられるのもは、無限にあります。

例えば、友人と友人、あの世とこの世などです。

物や人の架け橋になると良いでしょう。

この時に、あくまで主役は繋げた人などです。

あなたが前に出なくても、きっとあなたに好印象を持ってくれて感謝してもらえそうです。

架け橋になれる人なので、調整能力やコミュニケーション能力があります。

繋げることを生かして、さらに対人関係を良くしていってください。

 

kin46のウェブスペルは、黄色い普遍の太陽

黄色い普遍の太陽を持つ人は、自分が主人公だという意識が強く、自信家の傾向があります。

人の意見にも物怖じしない、強さがあります。

ただ、人の助言の中に幸運の芽が隠れていることもあります。

自分の意見や感性も大事にしつつ、周りも意見も取り入れることができたら巻き込むことができそうですよ。

 

kin46の銀河の音響は、音響7

音響7の人は、13の音響の中でも最も能力が高い人です。

音響7の補完関係が、音響7です。

そのため自分自身で、足りない部分を補完することができるのです。

悩み事や相談は周りにせずに、解決することもしょっちゅうです。

ただ、周りからは何でもやってしまう人という、協調性のなさを指摘されることも。

自分で解決することと、人に頼ることのバランスに気をつけましょう。

あなたが頼ることで、周りも頼ってくれるのです。

そこに素敵な協力関係が生まれるでしょう。

 

チャクラは、1系と0系

白い繋ぐ世界の橋渡しは、チャクラ1系です。人と会ってエネルギーが蓄えられるでしょう。

人と人とのつなぎ役になって、あなたの存在価値を高めましょう。

黄色い普遍の太陽は、チャクラ0系を持っています。直観が鋭く、感受性も豊かです。

ただ、責任感が強いあまり自分の意思を通そうとするところもあります。

他人の意見も取り入れてみると、周囲との関係も上手く回るでしょう。

 

縁のあるkinナンバー

鏡の向こうkin:kin215
自分の潜在的な性格を引き出してくれる相手

絶対反対kin:kin176
出会えたら開運になれる目印の相手

 

kin46の性格について

kin46の人は、人と人との懸け橋になれる太陽のような人です。

おもてなしの精神が強く、人の役に立つことに喜びを感じます。

また、大洋のような明るさも持っているので、人気者になれるでしょう。

ただ、人のためにはとことん尽くしますが、自分の事は自己完結で解決してしまいます。

時には、周りを頼ってみてくださいね☺

 

kin46の開運ポイント

kin46の人の開運ポイントは、取捨選択です。

人付き合いが良いので、交友関係も広いです。

ただ、余計な付き合いをしてしまって、あなたが疲れてしまうことも。

さらに情報もあなたのまわりに集まってきますが、時に情報の波にのまれてしまうことも。

日常の中で人や情報を取捨選択するようにしましょう☺

では今日はここまで。

それではまた。