【kin49】を持つ人の特徴とは?

マヤ暦のkin49を表す赤い月と黄色い太陽の画像

この記事は、kin49人の特徴についてまとめた記事です。

この記事の最後に、開運のポイントが書かれています。

ぜひ実践してみてください…!

【kinナンバー49】

・太陽の紋章:赤い清めの月

・ウェイブスペル:黄色い普遍の太陽

・音響:10

・チャクラ:4系0系

【kin49の人まとめ

・相手の本質を見抜く力を持っている

・アイディアマンで、ひらめきが多い

・冷静に見えて実は繊細

・素直になると、コミュニケーションがスムーズに

・人の能力を見出す力がある

・調整役を引き受けると成長する

kin49の太陽の紋章は赤い清めの月

赤い清めの月の人は、現状に満足することなく、発展する人が多いです。

革命家の役割を担うでしょう。

ただ、行動するまでに時間がかかるタイプです。

実は傷つくのが怖いという、繊細さを持っているのです。

ただ、エンジンがかかればものすごい力を発揮します。

誰に何を言われても、自分が納得するまで動じず、大きな成果を成し遂げることができるのです。

あなたが思いっきり打ち込めることを探してみましょう。

 

kin49のウェブスペルは、黄色い普遍の太陽

黄色い普遍の太陽を持つ人は、生まれた時から恵まれた環境にいます。

20の紋章の1番最後なので、他の紋章からおこぼれをもらえるのです。

この時に、周りのおかげで今の自分がいると思えれば最強です。

周りへの感謝が生まれて、謙虚さが生まれるでしょう。

 

kin49の銀河の音響は、音響10

音響10の人は、人をプロデュースする能力があります。

周りからの信頼も厚いため、調整役を任され、その時に人のよさに気づくことが多いです。

調整する中で、人の好さや魅力に気づくのです。

また、その能力を伸ばすことができます。

相手の良さが顕在化できるように、フォローすると喜ばれるでしょう。

 

チャクラは、4系と0系

赤い清めの月は、チャクラ4系です。チャクラ4系は、繁栄や発展の役割を担います。

赤い清めの月は使命感やミッションを持つと、エンジンがかかり改革を始めます。

普段から、「私の使命感やミッションは何かな?」意識して探してみましょう。

黄色い普遍の太陽は、チャクラ0系を持っています。直観が鋭く、感受性も豊かです。

ただ、責任感が強いあまり自分の意思を通そうとするところもあります。

他人の意見も取り入れてみると、周囲との関係も上手く回るでしょう。

 

縁のあるkinナンバー

鏡の向こうkin:kin212
自分の潜在的な性格を引き出してくれる相手

開運の目印kin:kin179
出会えたら開運になれる目印の相手

 

kin49の性格について

kin49の人は、人をプロデュースできる、アイディアマンでしょう。

直感に優れているので、相手の長所や能力を見抜くことができます。

相手をフォローしてあげると、伸び伸びと力を発揮してくれそうです。

また、組織の中では調整役を任されることも多いです。

あなたの成長につながりますが、繊細な性格のためにつかれてしまうことも。

肩の力を抜きながら、リラックスして臨んでみてください。

辛くなったら、周りに相談して☺

kin49の開運ポイント

kin49の人の開運ポイントは、素直になることです。

あなたは、自分の気持ちをしっかり伝えれない所や、強がってしまうことがあります。

今よりさらに良い関係になるためには、素直に自分の気持ちを伝えることです。

特に、感謝を伝えるとコミュニケーションがうまく回りますよ。

普段の御礼から心がけてみてください☺

では今日はここまで。

それではまた。