【kin68】を持つ人の特徴とは?

マヤ暦のkin68を表す黄色い星と白い世界の橋渡しの画像

この記事は、kin68の人の特徴についてまとめた記事です。

この記事の最後に、開運のポイントが書かれています。

ぜひ実践してみてください…!

【kinナンバー68

・太陽の紋章:黄色い美の星

・ウェイブスペル:白い繋ぐ世界の橋渡し

・音響:3

・チャクラ:31系

【kin68の人まとめ

・仕事をコツコツこなすkin

・趣味は多め、楽しいこと大好き

・好奇心を持って、何でもやってみるのが大事

・自分の考えを持っているので、批判的になりやすい

・芸術を愛する心を持っている

・女性は美人が多いkin

kin68の太陽の紋章は、黄色い美の星

黄色い美の星の人は、何事もコツコツこなす、職人タイプです。

ストイックで、完璧主義なところがあり、自分が納得いくまでやろうとします。

プロ意識が高いと言えるでしょう。

また、自分の芯を持っているので、周りに対して批判的になりやすいです。

自分の意見を述べる時は、言い方に気をつけてみましょう。

 

kin68のWSは、白い繋ぐ世界の橋渡し

白い繋ぐ世界の橋渡しは、人と人をつなぐ、橋渡しの役割を担っています。

これは人に限らず、あの世とこの世、人と物など、あらゆるものを繋げることができます。

繋ぐ役割に必要なのは、相手の意思を尊重することです。

柔軟さを持っているので、人間関係では臨機応変に対応しましょう。

人当たりが良い姿は、周りに高評価を与えることになりそうです。

 

kin68の銀河の音響は、音響3

音響3の人は、奉仕の精神を持った、人のために役に立ちたい人です。

人に対して、非常に細やかな気配りができます。

優しくて誠実さを持っているので、相手が困っていることがあればすぐに助けます。

心が優しきヒーローと言えるでしょう。

 

kin68のチャクラは、3系と1系

黄色い美の星は、チャクラ3系です。財運に困らない特性があり、お金をうまく使う役割があります。

黄色い美の星の人は、芸術に縁があるので、「芸を磨くこと」「作品を作ること」にお金を使いましょう。

お金で自分の才能を磨いてみてください。

白い繋ぐ世界の橋渡しは、チャクラ1系です。人と会ってエネルギーが蓄えられるでしょう。

白世の人は、人と交流することで元気になれます。

人が喜んでくれることが、自分のパワーになるのでエネルギーチャージをしましょう。

 

縁のあるkinナンバー

鏡の向こうkin:kin193
自分の潜在的な性格を引き出してくれる相手

開運の目印kin:kin198
出会えたら開運になれる目印の相手

 

kin68の性格について

kin68の人は、自分に厳しく、人には優しい性格です。

人を心配したり、細やかな気配りができます。

あなたの優しさに心救われる人もいるでしょう。

一方で、職人気質のようなストイックさも持っています。

サバサバした性格なので、人間関係にはさっぱり感を求めたりします。

優しい気配りとのギャップがあるので、びっくりされるかもしれません。

あと、厳しさが人の方に向いてしまうと、ギクシャクしてしまうので注意しましょう。

kin68の開運ポイント

kin68人の開運ポイントは、ゆとりを持つことです。

黄星の紋章を持っている人は、ゆとりがなくなると焦ってしまいます。

自分に対しても、人に対しても厳しくなってしまうので注意です。

「自分ができていない」「自分、焦っている」からこそ、人に求めたりします。

時間や心のゆとりが、豊かな自分を作っているので、ゆとりを大事にしましょう。

では今日はここまで。

それではまた。