【kin69】を持つ人の特徴とは?

マヤ暦のkin69を表す赤い月と白い世界の橋渡しの画像

この記事は、kin69の人の特徴についてまとめた記事です。

この記事の最後に、開運のポイントが書かれています。

ぜひ実践してみてください…!

【kinナンバー69

・太陽の紋章:赤い清めの月

・ウェイブスペル:白い繋ぐ世界の橋渡し

・音響:4

・チャクラ:4系1系

・その他:黒kin

【kin69の人まとめ

黒kinを持っているため、強運で波乱の人生

・臆病さと頑固さが共存している

・感受性が強く、才能がある

・人に気付きを与えるのが生きがい

・観察力に優れている。

・男性は家庭に関心が薄い傾向

・女性は綺麗な人が多いkin

kin69の太陽の紋章は、赤い清めの月

赤い清めの月の人は、繊細さの中に、力強さを持っています。

赤い月の場合、使命が見つかれば行動力を発揮します。

ただ傷つくのが怖いという、繊細さを持っているので普段は控えめです。

しかし、エンジンがかかればもの隠れていた力を発揮します。

使命が見つかれば、とことんやり遂げます。

人生を豊かにするためには、自分の打ち込めるものを探してみましょう☺

 

kin69のWSは、白い繋ぐ世界の橋渡し

白い繋ぐ世界の橋渡しは、感受性が強く、スピリチュアルに縁がある人です。

人の心に寄り添うことのできる優しさを持っています。

さらに、自分の行動によって、人が喜んでくれたり気付きを得てくれると喜びを感じます。

人間関係の中で、豊かさを構築してける紋章でしょう。

 

kin69の銀河の音響は、音響4

音響4の人は、観察力に優れていて、問題を解決する力があります。

持ち前の鋭さで、問題の本質を見極めることができます。

そのため仕事ができるタイプの人が多いでしょう。

周りからの信頼も厚いです。

またすぐに問題の本質が分からなくても、経験を積むことでスキルが身につきます。

能力を発揮するために、経験を積み上げましょう☺

 

kin69のチャクラは、4系と1系

赤い清めの月は、チャクラ4系です。チャクラ4系は、繁栄や発展の役割を担います。

赤い清めの月は、使命感やミッションを持つと、自分の力を最大限に発揮できます。

普段は、オフモードな時も多いですが、使命のために力を温存していると考えましょう…!

白い繋ぐ世界の橋渡しは、チャクラ1系です。人と会ってエネルギーが蓄えられるでしょう。

白世の人は、人と交流することで元気になれます。

人が喜んでくれることが、自分のパワーになるのでエネルギーチャージをしましょう。

 

縁のあるkinナンバー

鏡の向こうkin:kin192(黒kin
自分の潜在的な性格を引き出してくれる相手

開運の目印kin:kin199
出会えたら開運になれる目印の相手

 

kin69の性格について

kin69の人は、臆病さと頑固さが共存しています。

普段はスイッチがオフモードですが、自分のやりたいことが見つかると、エンジンがかかります。

自分の納得いくレベルまで、辛抱強く頑張ります。

この時に、周りから見たら「頑固だ」と言われるかもしれません。

普段は温厚で、優しい人なのでエンジンがかかれば周りは気にしなくてOKです。

また課題や問題の解決能力があります。

観察眼が鋭いので、自分の目的を達成するためにぜひ使ってみてください。

様々な経験を積んで、観察眼を鍛えることもお忘れなく☺

 

kin69の開運ポイント

kin69の人の開運ポイントは、浄化することです。

赤月にとって、流れや勢いが大事です。

それを妨げるものは、あなたにとってマイナス要素です。

普段から不要なものは捨てる、モヤモヤをためないなど意識しましょう。

身軽になれると、自分のやりたいことに思いっきり打ち込むことができますよ☺

では今日はここまで。

それではまた。