【13の月の暦】魔術のカメの日とは?

幻想的1

今日は、13の月の暦で登場する魔術のカメの日についての記事です。

魔術のカメの日はどんな日なのでしょうか?

解説していきます。

ここだけ押さえればOK!

魔術のカメの日はミラクルが起こりやすい

スポンサーリンク

マヤ暦におけるカメの重要性

マヤ暦で重要な意味をもつカメ

マヤ暦では、「カメ=宇宙」と言われています。

その理由は、カメの甲羅の四角い部分が13枚あるからです。そしてその周りを、小さな甲羅が20個ぐるっと囲んでいます。

「13×20」これはマヤのツォルキンのリズムと一致しますよね。

さらに13という数字は宇宙の定数と言われています。

そのためら「カメは宇宙からの使者」「宇宙と繋がりやすい生き物」と言われています。

一緒に読まれている記事

数字の「13」の意味とは?

 

魔術のカメの日は、シンクロが起きやすい日

そんな宇宙からの使者であるカメの日。

この時は、シンクロやミラクルが起きやすい日と言われています。

カメさんの影響もあってか、いつもより宇宙と繋がりやすい日、第六感が働きやすい日なのです。

さらに、銀河の音が2倍であるため、その日の能力が2倍のパワーを持つと言われています。(これについては、この後説明します。)

 

魔術のカメの日はどうやって調べるの?

たかみほ
基本的には、13ヶ月の暦では、今日はどんな日?を配信していますので、そちらをご覧ください。

魔術のカメの日や、黒kinの日など、特別な日は追記しています。。

またご自分で、調べたいという方は、

「13の月の暦で、その月とその日の”銀河の音”が同じになる日」

を意識してみてください。

具体例

2018/4/23(kin75)

この日は、魔術のカメの日。

13の月の暦では惑星」の月であり、青い「惑星」の鷲の日だったんですね。

※このように、その月の名前と、その日の名前に、同じ「惑星」が入っています。

これが魔術のカメの日です。

更に「惑星」は、銀河の音と言われており、能力を表します。

そして、惑星という音が、月にも日にも入っている。つまり、音が2つあります。

この場合、音が2倍のため、能力も2倍になると言われています。

2018/4/23は、惑星の能力である「現れ」「仕上げる」「生み出す」のパワーが2倍になるのです

これも、シンクロが起きやすいと言われている所以です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

魔術のカメの日には、少しだけ意識してみてくださいね☺

たくさんのミラクルがをキャッチしましょう。

では今日はここまで。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク