マヤ暦ってカレンダーらしいけど、現在のカレンダーと何が違うの?

今日は、マヤ暦と今のカレンダーとの違いについて説明します。

マヤ暦は自然に即したカレンダーなので、使うことをお勧めします⭐

まずは、マヤ暦のカレンダーの種類がありますので、そちらから見てみましょう!

マヤ暦に関連して2つの暦があります。

①13の月の暦

これは自然のリズムを取り戻すカレンダーています。

1ヶ月が28日のカレンダーなんです。

私たちの生活している1か月は、30日もしくは31日周期ですよね。

でも13の月の暦は、28日周期としています。

28周期にするメリットは、 私たちの身体はにフィットしているからです。

満月までの期間も28日です!

ただ、1か月28周期だと、30日周期と合わせるとずれが出てきちゃいますよね。
なので、月ごとに調整ではなく、(365日)単位で調整します。

28日×13ヵ月+1日=365日
です。

このことから、13の月の暦と言われています。

たかみほ

1年が12か月ではなく、13か月となるのです。

 

②神聖暦(ツォルキン暦)

2つ目は、神聖暦「ツォルキン」と呼ばれる、マヤの神官たちが使っていたカレンダーです。

名前から厳かな感じですよね。神聖暦って。

儀礼的な時に使用していたようですよ。

こちらは、13×20=260日を1サイクルとしたカレンダーです。

1年は260日と定めてたカレンダーで、今の365日のカレンダーと1年の長さが違いますね。

マヤのリズム―時は神なり 大原大典より)

13数字と20日文字(太陽の紋章)の重なり合うところが、260種類あるため、260日となりました。

数字と日文字の組み合わせがすぐわかるように、kinというナンバーを頭に振って、kin1〜kin260と表記してます。

ちなみにわたしが個人を鑑定する時に使っているのは、神聖歴 ツォルキンとなります。

この神聖歴 ツォルキンにも28周期の要素もがあり、自然に近いカレンダーとなってます。

 

カレンダーだから、その日の特性もわかる

カレンダーなので、今日はこんな日だよーと教えてくれてるのです。

占いとは違い、吉凶(良い悪い)はありません。安心してください。

カレンダーを意識すると、自然に即してくるので、いろんな引き寄せが起こりますよ、

ぜひ、マヤ暦の神聖歴を意識してみてくださいね。

ではまた!