黒kinの中にある、角kinとは?特性も解説します。

今回の記事では、「角kin」についての記事です。

マヤ暦の黒kinと言えば、皆さんも聞かれたことがあると思います。

今回は、その黒kinでも特に強力なエネルギーを持った角kinについての記事です。

 

黒kinとは?

角kinの前に、そもそも黒kinとはについて少し説明したいと思います。

黒kinとは、ツォルキン表においての黒いマスを表します。

マヤ暦のツォルキン表

黒kinは全部で52個存在しており、この黒いマスに当てはまったkinナンバーの人は、

強いエネルギーを持っていると言われています。

関連記事

>>黒kinの意味とは?

強いエネルギーと言われるとイメージが難しいと思うのですが、

人で例えると、

  • 巻き込む力が強い人
  • 忙しい人
  • 強運の持ち主

などと表されることが多いです。

 

では、黒kinの中の角kinとはなにか?

先ほど、黒kinのkinナンバーは52個存在するとお伝えしました。

その中でも角kinとは、52個のナンバーのうち4つのナンバーの事を表します。

先ほどのツォルキン表の4つの角に存在するkinナンバーなのです。

マヤ暦のツォルキン表

たかみほ

角っ子にあるので、角kinと呼ばれているみたいですね。

 

角kinの特性とは?

角kinの人たちの特性は、世界を変えるようなすごい人達であるということです。

黒kinの中でも、特にエネルギーが強いので、偉人でも角kinのナンバーを持っている人が多いです。

 

黒kinの中で音響に特徴があるのが、角kin

角kinの音響に注目してみると、

となっています。

マヤ暦では、音響1、7、13は非常に大事な音です。

音響1は始まり、

音響7は中心(調律)

音響13は結果、達成

つまり、角kinは音の面から見ても重要な存在なのです。

 

角kinを生かす方法とは?

もしあなたが角kinを持っているなら、どのように生かすべきでしょうか。

角kinの人は、エネルギーが強いので、

とにかくため込まない事だと個人的に思っています。

エネルギーをため込まずに、発散する方法や方向を考えましょう。

自分が「熱中できるもの」や「集中できるもの」をみつけ、

しっかりと取り組むことが大事です。

人よりも熱量が高く取り組めるので、成果があげられるはずです。

それが引いては、社会や世界を変えることになるのではないでしょうか。

では、今回の記事では、「角kin」について解説しました。