赤い月の日にデトックスに挑戦。はちみつ大根レモネードのご紹介。

はちみつ大根レモネードにはまっています。

たかみほです。

きっかけは、先日風邪をひいたことでした

大した風邪じゃないし、薬を飲まずに治せないかな?と出会ったのが「はちみつ大根レモネード」でした。

こののおかげで風邪は完治!さらに慢性蕁麻疹も改善した?のです(因果関係は確かではありませんが)

 

スポンサーリンク

マヤ暦の「赤い月」の日に飲むと相性がよい?

マヤ暦に赤い月という日があるんですけど、デトックスや浄化の意味を持っています。

もともと月自体に浄化という意味があって。月の光に当たって、邪気を落とす月光浴とかもありますよね。

そんな赤い月の日に、はちみつ大根レモネードを飲むと、デトックスの効果が上がるのでは?と考えてます。

赤い月の日には必ず飲んでいます。

この習慣を始めてから、体調がよくなった気がします。(気がするだけ?w)

レシピはこちら☟

 

醤油バージョンも美味しい💘

 

大根湯に23の効能があるらしい…!

風邪の時の発熱、せき、のどの炎症・イガイガ、関節の痛み。

他に腰痛、肩こり、頭痛、急性の膀胱炎、尿道炎、中耳炎、肌荒れ、不眠、鼻炎。

胃痛、胃もたれ、胸やけ、お腹のはり、便秘、下痢など消化不良による胃腸の諸症状。

そして、動物性タンパク質やニコチンの解毒・分解にも効果があります。

また、アトピーの改善に効く伝統的な民間療法のひとつでもあるそうです。

[昔から伝わる伝統的な民間療法]

そもそも、大根湯にはこんなにも効能があるんですね。

ば、ばんのうすぎる…!

23個の中で効果を感じたのは、「肩こりと便秘解消」ですね。

はちみつ大根レモネードを飲むと、体がポカポカしてきて血行が良くなります。

肩の凝りも帆ぶれて、胃腸の動きも良くなった気がします。

休憩中のコーヒーも美味しいですけど、体を冷やしちゃうらしいですよ。

それを知ってからは、はちみつ大根レモネードにしてます。(大根としょうがをすりおろす気力がある時のみ)

 

作り方

  1. 大根すりおろし(適量)
  2. ショウガをすりおろし(適量)
  3. レモン汁(適量)
  4. はちみつ(適量)

全てコップに入れて、お湯を注ぎます。

適当なため、簡単にできます。

 

 

必要なもの

すりおろし器

使いたいのはこれ。口コミが高いし、高齢者でも楽々すりおろせる…!とのこと。

 

 

レモン汁

野口英世さんが飛ぶくらいの、レモン汁見つけました。レモン汁の世界深いなあ。でも、ビタミンCが豊富そう!

 

 

はちみつ

はちみつを入れるとフルーティーになりますね💘

新婚旅行で、ハワイで買ったやつ!

はちみつの味が濃くておいしいです☺

※ここで紹介したもは、使用しているわけではありません。
あくまで理想です…

まとめ

女性にとってデトックスは永遠の課題ですよね。

大根はちみつレモネード、騙されたと思って飲んでみてくださいね。

きっと効果を実感できますよ。

ただし、飲みすぎは注意です⚠

では今日はここまで。

また!


スポンサーリンク