夫婦の相性、占ってみた!マヤ暦的にはどうなの?

マヤ暦の夫婦の相性鑑定

最近、相性鑑定のご依頼をいただくことが多いです。

サンプルとして、たかみほ夫婦の相性について記事を書きたいと思います。

相性鑑定ってこんな感じでやるんだよ~という参考になればと思います。

私たち夫婦は相関関係なしです

マヤ暦の相関関係なしのように、関連がないから近づけないアヒルちゃん

たかみほ夫婦の相性を一覧表にすると、こうなります。(ちなみに夫は黒kinです)

黒kinを持つ人は、エネルギーが強く影響力も高め。

一緒にいると疲れるわけではないですが、相手ペースだなって思うこと多々あります。

あとは、初めに言っておくと非常に関係性が薄いといえます。

はっきり言って相関関係ありません。

あんまり、交わるところ、関わる事がないんですね。もちろん関係がなくても、結婚生活はうまくやっていますよ。

では、具体的な相性鑑定をみてみましょう。

 

紋章から考察

私は、黄色い救世主の戦士(顕在意識)、黄色い美の星(WS)を持っています。

主人は、白い伝道師の風(顕在意識・WS)を持っています。

 

マヤ暦の相性鑑定

それぞれも持ってる紋章が、真ん中にありますね。

その周りを関係性のある紋章が、ぐるっと囲んでますよね。

ここから考えると、私の持っている紋章(マーク)が、相手のテリトリーに入っていないことが分かります。

彼もまた同じで、私のテリトリーに彼の紋章がありません。

このことから、紋章の関連性が低いといえますね。

一緒に読まれている記事

・マヤ暦の紋章の関連性について

 

マヤ暦の紋章の色から考察

私たち夫婦は、白の紋章と黄色の紋章を持っています。

主人が白い伝道師の風の紋章2つと、私が黄色い救世主の戦士黄色い美の星の紋章です。

白い伝道師の風の白色には、無駄を省く・間引く・洗練するという意味があります。

そぎ落とすために、持ち前の思考力を発揮し、頭がキレる人が多いです。

そして、黄色い救世主の戦士黄色い美の星の黄色には、最後の仕上げをする、まとめるという良いがあります。

今までの実りを成熟させ収穫する時期と言われています。

まとめ役やチームリーダーの人も多いです。

夫とは、色から見ても役割が違うなと感じます。

ただ、自分が持っていない所を、夫が持っていたりと補完してくれてもいます。

 

音響から考察

マヤ暦の相性鑑定(音)

音響は13種類あります。私は、音響9であり、彼は音響1です。

左が私に関連がある音響なのですが、音響1は入っていません。

右が彼に関連のある音響なのですが、音響9が入っていません。

ここでも、関係性の薄さが発揮されています。

 

チャクラから考察

マヤ暦の相性鑑定(チャクラ)

マヤ暦でいうチャクラって、0系から4系まであるのですが、お互い持っているチャクラがバラバラですね。

可もなく不可もなって感じですね。このチャクラが被っていたら、ぶつかる可能性なんかもあります。

 

それでも、交じり合うところが!

私にとっての開運の目印kinのガイドが白い伝道師の風でした。

簡単に言うと、彼の言動や行動が多くの気づきを与えてくれるということです。

開運の目印kinは、自分にとって未知の人。正反対の人なんです。そこからたくさんの気づきや、学びがあるのです。

彼は、私にとって宇宙人のような未知の感覚を持った人ではありますが。私を豊かにしてくれる人ということですね。

 

最終的なまとめ

関係性が薄かったら、適度な距離感が持てると思います。

だた、距離感がありすぎると平行線だから関係強化を意識してみてください。

具体的な例でいうと

  1. 同じ目標や目的をもって進むこと
  2. 同じ趣味を共有すること
  3. たくさんの時間を過ごすこと

などでしょうか。

関係が薄いから良い悪いと判断はできません。

あくまで「あなた次第」ですよ。

 

気になるあの人との関係性を知りたいなら鑑定へ!

↓ ↓ ↓

鑑定依頼はこちらから。