【マヤ暦】銀河の音は13種類ある★意味と特徴のまとめ!

マヤ暦の銀河の音13を表すジングルベルの写真

今日は、マヤ暦の「銀河の音」についてです。 音は13種類あります。

銀河の音もあなたを表す大事な要素ですので、見てみてくださいね。

 

スポンサーリンク

マヤ暦のサイクルは13×20

マヤ暦のサイクルは13×20=260になります。

260周期で、カレンダーが回っています。

たかみほ
260の周期は、ツオルキン暦と言うんです。

あなたの生まれた日に、260のうちのどの「エネルギー」が 流れているかによって、特性が分かります。

この「20」は太陽の紋章と以前お伝えしました。

今回は「13」についてお伝えしていきます。

 

13という数字は、宇宙の定数

13という数字は、「宇宙の定数」と言われています。

自然の中には、たくさん13の数字が組み込まれているためそう呼ばれています。

宇宙の定数(参考)

月の地球に対する公転周期 1年に13回

女性の生理28周期 1年に13回

亀の甲羅の紋 13枚

ぶたさん
確かに、人工的ではなく自然(宇宙)が作りだしたものばかりだね…!

 

銀河の音で、能力がわかる

音は1~13まであります。

誕生日から算出するので、太陽の紋章やウェイブスペルとも深い関わり合いがあります。

特に、音は能力を表し、自分が得意とすることが分かります。

それも、「自然と頑張れちゃう…!」ということが多いです。

ぶたさん
これは、生かさない手はないですよ…!

 

銀河の音を生かすことで、幸せな人生に

あなたは音と聞いて、どのようなイメージを持たれますか?

音には、「高低」や「大小」がありますよね。

さらに音が発せられると、振動して同じ音同士が震える法則があります。

この現象を共鳴と言われています。

同じ音(周波数)を持った人が集まってくるのは、この振動の原理からだと言われています。

この共鳴は、いわゆる引き寄せの法則にも活用されています。

自分の能力を知り、周波数を上げると、 周りの高い周波数と震えることができます。

たかみほ
自分の音(能力)能力を存分に生かして、周波数を上げましょう…!

 

音を記号で表すと可愛らしい

古代マヤ人は、音をこのように表していました。

その頃はまだ文字がなかった時代なので、このように記号のうように表されていたのです。

 

「・」は1、「・・・」が3、「―」が5となります。

ぶたさん
7とかむすっとしている顔にしか見えないね(笑)

 

音の算出方法

たかみほ
ではでは、自分が何番の音を持っているか気になりませんか?

気になるそこのあなたに朗報です。

実はkinナンバーが分かれば、 音もわかる仕組みになっています。

ぶたさん

音は無料の診断サイトでも調べることもできるみたい。

早速調べてみてください☺

 

さいごに:銀河の音の13種類を説明

音が分かれば、自分の能力を知ってみよう!ということで、最後に13の音の説明です。

ぶたさん
音の番号を押してもらうと、解説ページに飛びます。

音1…自分軸、引き寄せ抜群

音2…葛藤、迷い、二者択一

音3…人間関係で生きる、つなぐ

音4…冷静、体制を整える

音5…自分が中心、底力

音6…マイペース、調和

音7…多くの情報に囲まれる、取捨選択

音8…感受性が強い

音9…躍動感・ワクワク

音10…形になる

音11…革命者

音12…全体像を見る

音13…まとめ役、仕上げ

 

まとめ

いかがでしたか?

あなたの音は何番でしょうか?

ぜひ調べてみてくださいね。


スポンサーリンク