マヤ暦を勉強する時に、おすすめの本5冊。

マヤ暦と勉強したいと思ったら、読みたい本4選を紹介します。

基本的には、1番上から順番に読むのがオススメです🌟

スポンサーリンク

オススメの本一覧はこちら

  1. 古代マヤ暦「20の刻印」
  2. 究極のマヤの叡知「13」×「20」 パート1「銀河の音」
  3. マヤ暦260日の冒険
  4. 13の性格 -最強の数字「14」を作って最良の人間関係を手に入れる
  5. 天職・ソウルメイトを引き寄せる「マヤ暦」の教え

 

古代マヤ暦「20の刻印」

この本は、主に「20の紋章」について詳しく書かれています。

「紋章の方向性」「シンクロの起こし方」「健康法」「子育て」など様々な視点から見ることができます。

しかも、全部の紋章が細かく書いてあるので、これさえあれば紋章についてはOK!

加えてチャクラについても書いてあるので、マヤのチャクラを知りたい人はぜひ^^

また、著者の越川宗亮さんは、日本のマヤ暦の先駆者でいらっしゃいます。知識が豊富なのですが、初めての人でもわかりやすく書いてあります。

紋章と有名人の関係も書かれていて、親しみやすさも感じました。

たかみほ
2時間もあればさらっと読めました。

 

究極のマヤの叡知「13」×「20」 パート1「銀河の音」

こちらも越川さんの本で、銀河の音について書かれた本です。

音1から音13まで、それぞれの音の意味が分かりやすく書かれています。

音同士が持つ関係も記されています。
※波長が合う音、補完の関係がある音の紹介など

また、有名人と音とのエピソードが盛り込まれていますので、とても勉強になります。

関連付けて覚えられるのが良いですね。

簡潔に書かれているので、初めての人でも読みやすいです。

たかみほ
銀河の音を知りたい!という初心者に、オススメです。

 

マヤ暦260日の冒険

この本は、20の紋章についてと、13の月の暦について書いてあります。

紋章は、古代マヤの読み方も書いてあったりと、新しい知識も吸収できますよ。

おすすめポイントは2つあります。

イラストが可愛くて読みやすく、短時間で読める

紋章の説明がストーリー形式なので、流れで覚えられる

堅苦しいのが苦手で楽しく覚えたい、暗記が苦手で意味が覚えられない…という方は、ぜひ読んでみて下さい。

 

 

13の性格 -最強の数字「14」を作って最良の人間関係を手に入れる-

こちらの本は、13の数字について、イラスト付きで分かりやすく書かれています。

もともと、筆者はマヤ暦について学んでいました。

そして、音13の13の数字の方に注目して本を書いています。

イラストが分かりやすく、説明もストーリー仕立てになっています。

先ほどの越川先生の本と比べると、書いてあることは同じです。

ただ、この本の方がボリュームが多い、日常に生かしやすい、かみ砕いた説明になっています。

たかみほ
私は、楽しくて1.5時間くらいで読めました。

イラストを使って、楽しく覚えたいあなたにおすすめです。

さらに20の紋章ならぬ、「20の袋」も出てきます。

自分を知る新たな要素になりますよ^^

 

天職・ソウルメイトを引き寄せる「マヤ暦」の教え
あなたの「生まれてきた目的」がわかれば、奇跡は起きる。

この本も越川先生の著作です。

実は、私が最初に買った本です。

どうしても気になったので、kindleにて購入しました。

内容は主に、天職と人間関係についてです。

20の紋章それぞれを詳しく解説されています。

古代マヤ暦「20の刻印」をさらに、掘り下げた感じですね。

人間関係も、パートナーの選び方から、相性の良い紋章の解説など広くカバーしています。

紋章をさらに深掘りしたい、2冊目の本としてどうぞ🌟

もちろん、1冊目に購入でもOKです。

ただ、古代マヤ暦「20の刻印」を1冊目として読んだ方が理解が深まると思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

自分で本を買っておくと、必要な時に見返せるのが良いですよね☆

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 


スポンサーリンク