【音響4】銀河の音の意味、特徴とは?

マヤ暦の銀河の音4のイラスト

今回は銀河の音響4についての記事です。

銀河の音響は、全部で13種類ありますが、今日は音響4の説明をします。

ここだけ押さえたらOK!

☑たくさんの関心事を持ち、楽しいと感じたら掘り下げれる人

☑人の役に立つのか?を考えながら、知識をつけると良い

☑問題解決に取り組んでみたら、小さな気づきが得られる

音響4の秘められた能力・役割

「計算する」「掘り下げる力」「解消する」

 

将来を計り、安定化する

音響3では、数字が集団となり状況が変わりました。

音響4では、状況が変わったことにより、将来を計算します。それから、集団を良くしようと取り組みます。

また、4つがそろうと、基盤が安定すると言われています。

ぶたさん

東西南北、春夏秋冬などが例だね。

 

掘り下げる能力がある

音響4の人は、四方八方という言葉にもあるように、あらゆる方向に興味がわきます。

そこから興味の的を絞り、集中し、深く掘り下げることもできるのです。

この掘り下げ力は、音響4の長所です。

大事にするとともに、自分の専門分野も見つけるようにしましょう。

また、自分の専門分野を人に分かりやすく話してみることで、自分の理解度も深まります。

ぶたさん

興味が分散しそうなのに、掘り下げれるのはすごいね。

たかみほ

そうだよね。

四方八方見渡しているのは、あくまで自分の興味関心を探すためなのかも…!

 

問題解決能力を持っている

音響4の人は、問題解決能力を持って生まれています。

世の中には、様々な紛争や問題がありますが、その解決を担うのが音響4の人です。

かの有名なアンパンマンや、ドラえもんも音響4の持ち主ですよ!

ぶたさん

おお、いきなりキャラクター登場…!

 

キーワードは、「探究すること」

レトロな照明で、問題も解決しそう

音響4の人は、自分の専門分野を見つけると、めっぽう強くなります。

人生をかけて、究めたいことを探してみましょう。

さらに、自分の興味+人の役に立てることを探究すると良いでしょう。

「これを掘り下げることによって、人の役に立てるのか?」という問いかけを意識してみて。

人の役にたつことで、モチベーションの維持に繋がりますよ。

 

現状に満足しないように注意

注意してもらいたいことは、現状に満足しない事です。

まずは色んな事に興味を持ち、気づきのアンテナを張りましょう。そこから、深堀することを決めるのです。

ただ、途中で満足してしまったら、深掘りが中途半端になってしまいます。

たかみほ

現状に満足して、もう一歩だったのに…とならないようにしてくださいね。

また深堀する者の目安としては、自分が取り組んでいて楽しいこと。

ワクワクしながら知識をつけることにより、さらに専門性が高まりますよ。

 

音響4の相関関係

波長が合う関係:49

補完関係:10

連係関係:35

倍音響関係:28

 

音響4の有名人・芸能人

やなせたかしさん、藤子不二雄さん

 

音響4のまとめ

いかがでしたでしょうか。

音響4の人は、興味関心をたくさん持ち、そこから専門家になることができる人です。

音響4の人に出会ったら、「最近、面白いことあった?」と聞いてみましょう。

興味があることを教えてくれますよ☺

では、今日はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。