【音響7】銀河の音の意味、特徴とは?

マヤ暦の銀河の音7のイラスト

今回は銀河の音響7についての記事です。

銀河の音響は、全部で13種類ありますが、今日は音響7の説明をします。

ここだけ押さえたらOK!

☑無我夢中の境地にたどり着くと、宇宙と繋がりやすくなる

☑情報がたくさん集まる人。ただし、取捨選択も大事。

☑ポジティブな事に焦点の当てると、人生の豊かさが増す。

音響7の秘められた能力・役割

「夢中になる力」「情報収集」

 

無我夢中になれる人

音響7の人は、無我夢中に取り組むことができます。

「7」は、音響1から音響13までの丁度真ん中になります。

真ん中であるがゆえに、宇宙と繋がりやすいと言われています

ツォルキン表(神聖暦)でも、第7の列では神秘の柱と言われていて、宇宙と繋がりやすいと言われています。

マヤ暦のツォルキン表

(↑黒kinを表す黒いマスが、一つもないタテの列が神秘の柱です)

実は無我夢中状態が、宇宙と繋がっている状態と言われています。ゾーンに入った状態とも言われますよね。

この場合、自分の枠を超えたり、精一杯やってみると、無我夢中の境地にたどり着くでしょう。

 

情報収集力がある

音響7の人には、多くの情報が目まぐるしく入ってきます。

宇宙と繋がりやすいため、情報のキャッチも早いのです。

ここで大切なことは、情報の取捨選択をしっかりすることです。情報が多すぎると集中できなくなってしまいます。

日ごろから、自分の感度を上げておき、情報をふるいにかけましょう。

また、感度を上げるには、純度を上げると良いと言われています。

子供のころのピュアな時の気持ちはどうだったか?夢は何だったか?を思い出してみてください。

たかみほ

わたしも、純粋無垢だったころの気持ちを思い出してみよう…!

 

キーワードは「フォーカス」

宇宙の銀河系

やりたいことや興味のある事、人生の目的を絞りに絞りましょう。

そうすることで、何に集中べきかが分かり、無我夢中になりやすいです。

さらに無我夢中の時は、多くのインスピレーションを受け取ることができます。

今のあなたより、さらに素敵になれるでしょう。

また、悪い面でなく、良い面にフォーカスすることを忘れずにしてください。

悪い面ばかり見ていると、不満、愚痴に繋がってしまいます。

良い面にフォーカスをして、さらに未来への希望を語りましょう。

 

注意したいことは、考えすぎる事

考えこむと迷路に入り込んでしまうことがあります。

自分で判断ができない時は、第三者に頼ってみるのも良いです。

客観的な目線でよいアドバイスがもらえるでしょう。

ただ、「迷路に入り込んでいる」と思っているだけのことも多いです。

要は、思い込みや勘違いをしてしまっているということです。

実際には迷路なんか入っていなくて、自分がどうしたいか?どうすべきか?が分かっているのです。

思い切って決断してみるのも良いでしょう

 

音響の相関関係

波長が合う関係:2712

補完関係:7

連係関係:68

倍音響関係:なし

音響7の有名人・芸能人

栗原はるみさん(料理研究家)、阿川佐和子さん(作家)

 

音響7のまとめ

いかがでしたでしょうか。

音響7の人は、インスピレーションの達人で、情報収集に長けています。

最近のオモシロ情報を聞いてみたら、会話が弾むかもしれません。

では、今日はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。