【音12】銀河の音の意味、特徴とは?

マヤ暦の銀河の音12のイラスト

今回は銀河の音12についての記事です。

銀河の音は、全部で13種類ありますが、今日は音12の説明をします。

ここだけ押さえたらOK!

☑処理能力があり、みんなをまとめる力がある

☑人望があるため、人に頼られやすい

☑喜怒哀楽を周りと共有すると、楽しくなります

スポンサーリンク

音12の秘められた能力・役割

「処理能力」「分かち合う」「集める」

 

処理能力がある

音11のエネルギーの開放により、ある種混乱が起こっています。

その混乱を落ち着けるのが、音12のステップです。

少々の事にはこだわらない度量があり、奇麗なものも汚いものも受け入れる力があります。

全部を許容し、状況を落ち着けようとしているのです。

状況を落ち着けるためには、東奔西走することもできます。

ぶたさん
すごいひとだな、おい。

 

分かち合うこともできる

音12の人は、分かち合う能力で溢れています。

一人で感じるよりも、ともに分かり合い共有したい気持ちが強いです。

協力者・共有者が見つかれば、楽しいことは2倍、辛いことは半分になるでしょう。

意識的に共有者を見つけるようにしましょう。

たかみほ
協力者、理解者、共有者…言葉は違うけど、自分を受け入れてくれる人のことです。

大事な存在ですね。

 

集める力も兼ね備える

人のために尽くせるためか、慕われることが多いです。

自らをささげる姿勢に、周りが心を打たれるのではないでしょうか。

そのため、人や物を集める力に繋がります。

ここでのポイントは、誠実さを忘れない事。

その真っ直ぐで誠実な姿勢が、周りを動かすことを忘れないくださいね。

 

キーワードは「共有

音12の人は、共有がシンクロを引き寄せます。

音12の人は一人で生きるタイプではありません。

悩みや、楽しみをみんなと共有しましょう。

共有することで、あなた自身も生き生きしてきますよ。

たかみほ
感動したこと、楽しかったことを共有するのがオススメです☺

 

待つことを意識してみて

先程の話とは、逆になりますが、時には待つことも意識して欲しいです。

ついつい、自分から行動することが多くあったりします。

これは、自発的に共有したい、役に立ちたいと思うからです。

基本的には、良い面ばかりですが、前のめりになりすぎるとしつこいと感じられるかも。

時には、待つ姿勢でどっしり構えてみてください。

普段から人望があるあなただから、少し疎遠の期間があっても大丈夫ですよ。

 

音12の相関関係

波長が合う関係:2712

補完関係:2

連係関係:1113

倍音関係:6

 

音12有名人・芸能人

木村拓哉さん、橋田寿賀子さん

 

音12のまとめ

いかがでしたでしょうか。

音12の人は、人望があるコミュニケーション能力あふれた人です。

たくさんの共有をすれば、仲も深まるはずですよ。

では、今日はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク