ライターマニュアル

この度はお取引、ありがとうございます。

原稿の品質を統一するため、ライター様にはマニュアルをお渡ししています。

必ずご一読の上、作業に取りかかっていただくようお願い申し上げます。

 

サイト概要

サイト名 マヤ暦の魔法
URL https://takanashimiho.com/
サイトユーザー マヤ暦について知識を知りたい向けユーザー
サイトのねらい サービスの購入

マヤ暦のサービスを購入いただくことが目的のサイトになります。

記事中に流せるチャンスがあれば積極的に誘導を行なってください

 

ライター様に求めること

自身の経験をフルに活かした記事

本プロジェクトでは、ライター様の占いに関する知識や所見を大事にしています。

理由は「ネットで検索しても出てこない情報」を期待しているからです。

ネットにある情報をまとめて記事にすることは誰にでもできますが、それ以外の情報も大事にしています。

「自分しかもってない情報」のほうを必要としているので、

経験や実際の業務で感じていることなどは積極的に盛り込んでください。

 

情報の深掘り

表面上の情報はネットで検索すれば簡単に見つかります。

似たような記事が世の中に溢れていても意味がありません。

皆様には「深掘りした情報」を期待します。執筆するテーマに関しては徹底的に深掘りしてください。

「この情報はここにしか書かれていない」そう言われるようなサイトになることを意識してご執筆ください。

 

執筆の流れ

執筆の流れは大まかに以下の通りです。

  1. 構成作成(見出しレベル)
  2. 弊社チェック
  3. 本文執筆
  4. 弊社チェック
  5. 修正 or 納品

 

 

注意

写真の選定はこちらで行います。

引用したリンクなどがあれば、記載してください。

 

1.構成作成
こちらから「西洋占星術 おすすめの本」「黒魔術 意味」といった執筆キーワードをお渡しします。

そこから検索意図を読み取り、見出しレベル(h2、h3…)で構成をお作りください。

なお、構成を作る際はご執筆KWを実際に検索し、上位10位以内の記事は必ず目を通していただくようお願いします。

また、サジェスト検索も必ず行ってください。

サジェストで出てきたKWは、なるべく構成に盛り込んでいただくようお願いします。

◆サジェストチェックツール
http://www.related-keywords.com/

https://omusubisuggest.appspot.com/

↑おむすびの場合は、3語で検索すると情報量が少ない場合があります。

その場合は、1語or2語で検索してみてください。

 

構成では以下の2点を必ず意識してください。

  • 返答性(検索キーワードに対してきちんと答えを返せているか、悩みを解決できる内容になっているか)
  • 網羅性(どこよりも詳しい内容になっているか、他サイトに書かれている情報が漏れてないか)

下記構成の例です。

例)
KW:「虫歯 痛み 対処」
【検索意図】
・虫歯の痛みを今すぐ和らげたい

【ユーザーの状況】
・虫歯の痛みに困っている
・まともに食事ができていない
・痛みで眠れていない可能性も

◆虫歯の痛みを今すぐ和らげる対処法
・鎮痛剤を飲む
・患部を冷やす
・正露丸を詰める

◆虫歯の時でも食べられるものは?
・具体例1
・具体例2
・具体例3

◆虫歯で眠れない場合の対処法は?
・具体例1
・具体例2
・具体例3

◆虫歯の痛みはなぜ起きるのか?
・〜〜だから
・〜〜だから

◆まとめ

※実際の構成提出では「具体例」の部分はちゃんと埋めてご提出ください。

構成は検索ユーザーの悩みを完璧に解決できるものが理想です。

また、大事なコンテンツは上にもってくるような構成を組んでください。

例えば、「虫歯 痛み 対処」というキーワードがあったとすれば、

一番上に持ってくるコンテンツは「虫歯の痛みを今すぐ和らげる方法」が自然です。「虫歯の痛みはなぜ起こる?」「虫歯とは?」というコンテンツは検索ユーザーにとって今すぐほしい情報ではないため、

構成の中では後回しになります。

また、「おすすめの食べ物」や「眠れない時の対処法」などはユーザーの状況を想像し、

どんなことに悩んでいるのかしっかり考えないと出てこないコンテンツの代表例です。

検索意図以外にもユーザーは悩みを抱えているはずなので、そこにもリーチできる構成をお作りください。

記事のできは構成の良し悪しで決まります。執筆よりも構成組みのほうに力を費やしてください。

 

【再確認】
構成を作る上では、実際にキーワードを叩いて、上位10サイトの情報の分析と、サジェストのチェックは必ず行ってください。
◆サジェストチェックツール

http://www.related-keywords.com/

https://omusubisuggest.appspot.com/

 

2.構成の確認・修正
構成の提出は以下2点を基準に行います。

・KWの検索意図に対して十分に答えが返せているか
・KWに対する情報が網羅的に盛り込まれているか(漏れがないか)

構成の修正は、ほぼリサーチ不足によるものです。

上位10位以内に目を通し、サジェスト検索を行っていただければ、

ほぼほぼ修正は発生しません(あったとしてもこちらで対応できるレベルであることがほとんどです)

 

3.ご執筆

本文は以下をお守りください。

【文章構造の注意点】
・結論から先に書く。
・見出しと関係のないことは書かない。
・情報になってない文章は書かない。(例:では、次はこちらを見ていきましょう…などなど)
・間違った情報・知らない情報は書かない(必ず裏付けを取ってください)
・接続詞は多用しない(文章のリズムを意識する)
・専門用語はなるべくわかりやすい形にする(小学5年生でも意味のわかる程度が理想)

 

【一文中の注意点】
・語尾の連続はなるべく避ける(です・ます・ません・でしょう…などを使い分けてください)
・1文の中で同じ言葉の重複はなるべく避ける(言い換えなどを使って工夫する)
・並列の単語は「・」で分ける(×アメリカ、イギリス、フランス ◯アメリカ・イギリス・フランス)
・「〜だと思います」は避ける(言い切りを意識してください。わからない場合はリサーチをお願いします)

 

【リードのレギュレーション】
本プロジェクトでは、全記事にリードのご執筆をしていただきます。
リードには以下3点を盛り込んだ形を基本構造にしてください。
・問題提起 or 共感(このようなことで悩んでないですか?)
・結論(検索意図に対する答え)
・この記事で書かれていること

 

【まとめのレギュレーション】
本プロジェクトでは、全記事にまとめのご執筆をしていただきます。
まとめは以下2点を盛り込んだ形を基本構造にしてください。
・この記事の要点の過剰書き
・ユーザーにとって欲しい行動の喚起

 

【その他のレギュレーション】
・文字だけで伝わりづらい部分はテーブルなどを積極的に使って下さい。
・イラストを盛り込みたい場合は、参考イラストをペーストしてください(弊社側でオリジナルを作ります)
・文字フォントは「MS Pゴシック」でご提出ください。
・見出しにはタグの設定をお願いします(h2など)

 

【提出前の注意点】
・必ず一度自分でお読みになってからご提出ください。
※誤字脱字があまりに多い場合は契約を解除する場合がございますので、
必ずお目通しの上ご提出ください。

なお、執筆中に追加したい見出しがあったら積極的に追加してください。
特にh3以降は執筆中に追加したい箇所が多く出てくると思うので、自由に追加してOKです。
また、執筆中にもっといい構成が浮かんだ場合は構成確定後でもお気軽にご相談ください。

 

4.チェック

以下修正として多く発生する事項です。
・意味のない文章が多い
・文章がダラダラ長い
・誤字脱字が多い
・文章構造がおかしい(結論から述べられていない…などなど)
・見出しに対する結論が書かれていない
・見出しに対する結論が薄く、それ以外の情報を厚く書いてしてまっている
上記は特に多い修正事項なので、十分にご注意ください。

 

5.納品

こちらで内容を確認し、修正がなければ納品完了となります。修正がある場合は具体的に修正希望を送らせていただきます。

 

その他レギュレーションについて

字数
制限なし。最低3000字程度
※記事の充実度を高めるためならいくらでも書いていただいて構いません。

 

お支払いについて

1文字1円でお支払いします(引用部分については文字0.3円)(手数料は要相談)
字数計算は、修正後の字数での計算となることをご了承ください。

執筆の途中、記事が公開出来る状態に至る前に連絡が取れなくなったり、執筆が止まってしまった場合はお支払いが出来ない場合がございます。

記事を執筆する上で注意点

コピペ、盗用の禁止
他サイトからのコピペや盗用は訴訟等の問題に発展しかねますので禁止とさせて頂きます。必ずオリジナルの文章での記載をお願いします。

本プロジェクトはツールにて記事のコピペ盗用チェックを行っておりますので、基本的にはコピペ盗用は確実にバレるとお考え下さい。万が一コピペ、盗用が発覚しました場合、その月の記事報酬のお支払いは致しません。

 

著作権の帰属

納品して頂いた記事は全て管理人に帰属しますので、記事の再利用は出来ません。
また、記事内でライター様の紹介する予定もございません。
実績としてカウントしていただいたり、ご自身のクライアントにご紹介いただくことは可能です。
何卒ご了承くださいませ。